スピードラーニングのCDからMP3データに変換する方法

スピードラーニングを買ってCDのまま聴くのでもいいんですが、デジタルデータ全盛のこのご時世、やっぱりCDから音声データだけ抽出して、iPodやスマートフォンで聴くことのほうが多いと思います。

そんなわけで、今回はスピードラーニングの音声データをMP3に変換する方法を解説します。

なお、MP3データを作成するのはいろんなアプリケーションで可能なのですが、今回はiTunesを利用して変換したいと思います。

というわけで、まずはiTunesをパソコンにインストールして下さい。

iTunesのダウンロードページはこちら→iTunes/Apple

iTunesのインストールが終わったら設定を行います。

f:id:sometankun:20161211235711j:plain

iTunesを起動し、設定タブをクリックします。

f:id:sometankun:20161211235725j:plain

「CDをセットしたときの動作」の横にある、「インポート設定」をクリックします。

f:id:sometankun:20161211235738j:plain

f:id:sometankun:20161211235752j:plain

インポート方法を「MP3エンコーダ」に変更します。音質は高いほうがいい音になりますが、その分、データの容量が大きくなります。普通に聴く分には128kbpsでOKです。

f:id:sometankun:20161211235806j:plain

パソコンにCDを挿入すると曲名が表示されますので、前選択(「Ctrlキー」+「Aキー」)します。

f:id:sometankun:20161211235820j:plain

右クリック→MP3バージョンを作成をクリックするとMP3データに変換されて保存されます。

保存場所はそれぞれのPCによって違いますが、一般的には「マイ ミュージック」フォルダ内に「iTunes」フォルダが自動的に作られ、その中に保存されています。

一回設定してしまえば、次からは「CD挿入→全選択→右クリック→MP3変換」で簡単にMP3データが作成できますよ。